「見守りましょう」ではなく、お母さんにできることがあります。

0

    長男は、小学1年生の5月から不登校になりました。

    私も仕事に行けなくなり、朝から怒って物を投げる長男から次男を守り、泣きながら保育所に連れていったこともありました。

    こういう時こそ「寄り添う、見守る、ありのままを認める」姿勢が必要だと思い、とにかくゆっくり休ませよう、それから考えようと思いました。

    けれどもこの「ありのままを認める」が難しいのです。

     

    長男はたったの小学1年生なのです。

    これまで自分で解決できる力を育てられなかった息子をいくら見守っていても、事態は変わらないのです。

    長男は朝からずーっとipadでアニメを見続け、もちろん勉強や宿題などもわからないのでやりません。

    頭痛、腹痛で泣き、蕁麻疹で顔や体は腫れ、テレビやアニメに逃げ込み、現実に向き合う力も、知恵もありません。

    仕事に行けなくなった私のイライラもつのり、家の雰囲気は最悪の状態でした。

    担任の先生の訪問に息子は隠れて出てこず、日に日に溜まっていく宿題やお知らせを眺めるのはとても辛いものでした。

    普通に登校している子供を見かけるのも、学校が終わって公園で遊んでる子供を見るのも辛くて、家にこもりがちに。

     

    やっとのことで予約を入れたスクールカウンセラーとの面接では、面接室で落ち着きなく動き回り、質問の意図が理解できない息子をみて、やはり発達障害ではないかと考え、けれども「とにかく様子を見ましょう」で1時間が終わりました。

    これまでの経過を話して少しはすっきりしたものの、次の予約は2週間後・・・。

    いったいこの2週間を私はどうやって過ごせばいいのかわからず、不安で不安でたまらず、原因探しばかりしていました。

    毎晩、ネットで不登校や発達障害に関する情報を検索し、出版されている本を買っては読み、買っては読み、なるほどと思うものの、けれど目の前の子供の状態は何も変わりません。

    いったい何が悪かったのか、SCとの面接ではその答えがほしくて、WISK検査を依頼しました。

    今考えると、原因を、「子供の問題」として考えていたのです。

     

    いま子供のことで困っているお母さん、

    もう原因探しはしなくていいのです。

    だれも悪くはないのです。 誰も問題なんてありません。

    みんな輝く側面を持っています。

    もちろんお母さんもです。

     

    これからお母さんの新しい子育てが始まります。

    「不登校の解決の糸口を掴む」勉強会を3か月連続で開きます。

    もちろん一回だけの参加もOKです。 そのヒントをつかみに来てください↓

     

    http://www.kokuchpro.com/event/ab82d75fabf85696248f2c8d3e738769/804330/

     

    長男が書くとドラえもんもこうなります(*_*)

    とても力強そうで、私はすきです!

    JUGEMテーマ:不登校


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックとしてくださいね。!


    不登校・ひきこもりランキング
    育児日記ランキング

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックしてくださいね。


    にほんブログ村
    にほんブログ村

    recent comment

    recommend

    recommend

    おこだでませんように
    おこだでませんように (JUGEMレビュー »)
    くすのき しげのり
    子供に読み聞かせをしながら号泣した絵本です。ひとり親家庭、発達障害、いろんな要素が盛り込まれています。何度読んでも心に響きます。

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM