子どもが自分の力で動く。

0

     

    ブリーフセラピーを勉強し始めた頃にこの本を読んだ時は、頭の中が「???」でした。

     

    セラピストはいったい何をしたのだろう?

    普通の会話にしか見えないな・・・。

     

    解説を読んでも、理解力のない私には「このなにげない会話の中で、そんなことが出来てるの?」

    と半信半疑でした(*_*)

     

    でもいまならわかるのです。

    セラピストはクライアントが自分の力で動いたり、解決したり、前に進んだり、それができるように、

    絶妙に構成し、絶妙なタイミングで介入しているのです。クライアントも気づかないのです。

    悪循環を切らなくても、その人の輝く側面を引き出してあげれば、人は動き出すのです。

     

    こんなすばらしい方法をお母さんたちが知っていれば、どんなに子どもたちは救われるでしょう。

     

    お母さんが子どものセラピストになれるのです。

    自分自身も楽になります。

     

    私もまだまだ修行中の身ですが、一緒に勉強していきませんか?

     

    申し込みはこちらまで!

    3ヶ月連続で開催しますが、一回だけでも参加OKですよ。

     

    http://www.kokuchpro.com/event/ab82d75fabf85696248f2c8d3e738769/804330/

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックとしてくださいね。!


    不登校・ひきこもりランキング
    育児日記ランキング

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックしてくださいね。


    にほんブログ村
    にほんブログ村

    selected entries

    recent comment

    recommend

    recommend

    おこだでませんように
    おこだでませんように (JUGEMレビュー »)
    くすのき しげのり
    子供に読み聞かせをしながら号泣した絵本です。ひとり親家庭、発達障害、いろんな要素が盛り込まれています。何度読んでも心に響きます。

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM