お母さんの孤独。

0

    JUGEMテーマ:不登校

     

     

    私がブリーフセラピーを勉強し始めた頃、私の師匠上野大照先生の研修会で、

    ライブ面接をしました。リフレクションもありました。

    私はクライアント役で、数年前の子供の不登校時を思い出しながら、母親の苦しい思いを

    セラピスト役の方にぶつけました。

     

    学校に行けない子供が、みんなが学校に行っている時間に外で遊びたいと言う。

    始めは公園で遊ばせていたけれど、そのうち、近所の人たちの目が気になりだし、

    公園に行けなくなる。遠くの公園へ連れていって遊ばせるが、やはり他人の目が

    気になり、つらくなる。仕事にもいけなくなり、イライラは募る。

    買い物に行くのも周りの目が気になるので夕方まで家にこもる。

    子供は一日に何回も駄々をこねて爆発し、そのたびに格闘になる・・・。

     

    セラピスト役の方に質問されるままに話をしたので、詳しくは覚えていませんが、

    あの頃のことは今思い出して書いているだけでも当時を思い出して苦しくなります。

     

    ライブ面談の間も、途中のリフレクションタイムでも、私の心の中には

    「なかなかわかってもらえない」もどかしさがありました。

    セラピスト役の方々はとてもいい質問をされていて、私は気持ちを吐き出すことが出来たにも

    関わらず・・・です。

    そもそも子供の不登校の経験がなかったらわからないのはしょうがないという想いも

    ありました。

    スクールカウンセラーのところで話した時もそんな感覚があったのを覚えています。

     

    ひと通りのライブ面談を終えて、私が感想を言っている時に、上野先生がポツリと

    言いました。

    「お母さんの孤独・・・」

    その言葉を聞いた途端、私は涙が出そうになりました。

    そうだった。私は子供のために一生懸命頑張った。

    そう、頑張ったけど、心の中はいつもひとりぼっちだった。

    そのつらさをわかってほしかったんだと気づきました。

    上野先生のその一言で、私の孤独は癒されたのです。


     あれから

    「不登校の子を持つお母さんの孤独を癒す」

    それが私の活動のテーマになりました。

     

    辛い気持ちを吐き出して、孤独を癒し、元気の素を持って帰ってくださいね。

    申し込みはこちら↓

    http://www.kokuchpro.com/event/ab82d75fabf85696248f2c8d3e738769/804330/

     

    我が家の玄関。

     

    日曜日には子供の友達がたくさん遊びにくる、幸せなお母さんになりましょう(*^^*)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックとしてくださいね。!


    不登校・ひきこもりランキング
    育児日記ランキング

    たくさんのお母さんの目に留まりますように、クリックしてくださいね。


    にほんブログ村
    にほんブログ村

    selected entries

    recent comment

    recommend

    recommend

    おこだでませんように
    おこだでませんように (JUGEMレビュー »)
    くすのき しげのり
    子供に読み聞かせをしながら号泣した絵本です。ひとり親家庭、発達障害、いろんな要素が盛り込まれています。何度読んでも心に響きます。

    profile

    search this site.

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM